うちの家にカーテン
カーテン歴史
カーテン素材
色を選ぶ
機能をみる
オーダーカーテン
注文〜完成
カーテン
サイズとスタイル
カーテンお手入れ
カーテン用語集
サイトマップ
HOME

注意事項

1・当サイトに掲載されているカーテン・オーダーカーテン等の情報は個人で収集したものであり、その内容についての保証は一切行っておりません

2・当サイトから他のウェブサイトへリンクを行っておりますが、リンク先のホームページは当方が運営管理するものではないため、リンク先サイトの情報の真偽や信頼性については当方では一切の責任を負いません。

3・当サイトのコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)につき無断で使用・複製することを禁じます。

4・また、予告なしに内容を変更又は廃止する場合がありますので、あらかじめご承知おきください。

カーテンのお手入れ

せっかく選んだオーダーカーテンだから、いつまでもきれいにしておきたいですよね。
オーダーカーテンは、お店で売っている既製品よりも丈夫ですので、取り扱いに気をつけて頂ければ、変わらぬ美しさ、質感を保つことができます。
簡単なお手入れですので、ご安心下さい。

日ごろのお手入れ

カーテンには、部屋の内外のほこりや、手垢、タバコのヤニなど思っている以上汚れがついています。
日頃から、お掃除の際にには、はたきをかけるか、掃除機のブラシでほこりを吸い取るなどをしてください。また、カーテンレールや窓周りの掃除もお忘れないようにしましょう。

カーテンレールの汚れは、カーテンへ移りやすいだけでなく、ほこりやごみが水分を含むことで、カビも発生しやすくなりますので、お気をつけください。
また、結露もカビや汚れの原因になりますので注意してください。

洗濯方法

@洗濯の前には必ず『洗濯ラベル』をチェックして、水洗いが出来るかどうか確認しましょう。

A洗濯機で洗える場合は、 まず、カーテンのほこりをはたき、フックを全部はずしましょう。

Bカーテンをプリーツたたみにして、ネットに入れます。 一度洗うのは1〜2枚にしましょう。
※プリーツに沿ってたたむことでピンとしたキレイなプリーツを保ちます。

B洗濯機の設定を「弱水流(ソフト洗いコース、ドライコースなど、お持ちの洗濯機の説明書をご覧ください。)」にし、水量は「最大」にしてくましょう。

C洗剤はデリケートな衣類の中性洗剤を使うことをオススメします。

D脱水はなるべく短くして、乾燥機の使用は避けたほうがよいでしょう。

干し方

@元のカーテンレールに吊り、自然乾燥させるのがおすすめ。吊る前には、必ずカーテンレールを掃除して、床には水滴で床にぬれないようにビニールなどを敷いたほうがよいです。窓ガラスなども掃除をしておくと、カーテンに汚れがつくのを防ぐことができますよ。
※注意!
洗ったカーテンは、水分を多く含んでいますので、生地が大変重くなりので、カーテンレールにぐらつきがないかなど、レールの取り付けを再度確認してから、カーテンを吊るようにしましょう。

A吊ったら、軽くたたくか引っ張るかして形を整え、自然乾燥させましょう。

B屋外で干すときは、必ず陰干しにしましょう。また、乾燥機は使用しないでください。生地が変質したり、縮んだりする恐れがでます。

アイロンのかけ方

必ず、取り扱い絵表示を確認して、その指示に従ってください。
絵表示については洗濯ラベルについてをご覧ください。

クリーニングについて

クリーニングに出すときはフックは必ず、はずしてから出しましょう。カーテンはクリーニングに出すと、多少収縮します。特に、綿、麻などの天然繊維は収縮率が高くなるので、ご了解ください。
その他、トラブルが起きやすいので、クリーニング店にて洗濯絵表示を相互に確認するようにしてください。

汚れがついたときは

口紅やジュースなど汚れが付いてしまった時には、すぐにふき取るようにしましょう。落ちにくい汚れは、衣料用中性洗剤を薄めたものを布に含ませ、下にきれいな布を当てた状態で、上からトントンっと、たたくようにします。他には、洗剤をしみこませた布でつまむようにふき取る方法もあります。いずれも汚れを広げてしまわないように気をつけながらしましょう。
※台所用洗剤や漂白剤、消毒液などは、使用は避けましょう。生地が変色する場合があります。

Favorite

HONDA
http://www.honda.co.jp/

リンクについて

「うちの家にカーテン.」はリンク・アンリンクフリーです。相互リンク様も募集中です。
バナーは↓をご利用下さい。

うちの家にカーテン
【url→http://www.ka-ten.net./】

最終更新日:2014/9/11

(c)うちの家にカーテンAllrightReserved.