うちの家にカーテン
カーテン歴史
カーテン素材
色を選ぶ
機能をみる
オーダーカーテン
注文〜完成
カーテン
サイズとスタイル
カーテンお手入れ
カーテン用語集
サイトマップ
HOME

注意事項

1・当サイトに掲載されているカーテン・オーダーカーテン等の情報は個人で収集したものであり、その内容についての保証は一切行っておりません

2・当サイトから他のウェブサイトへリンクを行っておりますが、リンク先のホームページは当方が運営管理するものではないため、リンク先サイトの情報の真偽や信頼性については当方では一切の責任を負いません。

3・当サイトのコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)につき無断で使用・複製することを禁じます。

4・また、予告なしに内容を変更又は廃止する場合がありますので、あらかじめご承知おきください。

カーテンの歴史

カーテンの最古のものはローマ時代の絵画ので見る事が出来ます。

その後のヨーロッパでの変遷を追ってみると、15〜16世紀・ルネッサンス時代、窓にカーテンが掛けられる事は少なく、主に出入口やベッドの周囲に初期的なものが使用されてました。

17〜18世紀・バロック時代にはカーテン生地に華麗なブロケード(金糸、銀糸を織り込んだ錦織)を使用し、上飾りの縁どりの線やタッセルなども複雑で、重厚な形や線がみられようになってました。

18世紀後半・ロココ時代には、巻貝のイメージの曲線が中心となり、その流麗で繊細、優美な線が上流の人達に受け、そのスタイルは、ゆったりと床に引きずるゆとりのあるものにかわりました。

19世紀・アンピール時代のナポレオン一世統治の時代は、エジプトやローマを思わせる様な古典的で荘重な様式が取り入れられ、スタイルとしてはスワッグバランスの様な上飾り布の使い方が見られました。

19世紀後半・アールヌーボ時代になると、人間性を中心とした工芸運動が興り、モチーフを自然に求めるようになり、
カーテンの形式として上飾りが付き、現在の様式は、この時代が基盤になって展開されてきたものになります。

日本においては、平安時代に几帳(絹の織物の衝立)が可動間仕切り的に用いられたり、御簾(竹製のすだれ)や
壁代(絹の織物で壁面に掛けられた布)が使用されており、それらが現在のカーテンの原点とも言えます。

武家時代になると、壁や襖や障子がこれらにとって代わる事になり、日本でカーテンが使われるようになったのは
江戸時代の初期で、長崎の出島に外国公館が出来た頃と通説になっていますが、外国公館で使用されたというもので、実際に日本人が使い始めたのは、幕末から明治にかけての時代であったとようです。

当時のカーテンは「窓掛け」といわれ、ほとんどが輸入品の重厚で高価なものでした。

「カーテン」という言葉が使われる様になったのは、明治末期になってからで、素材として綿・毛・絹・麻などが用いられ国内で生産され始めました。

大正期に入って中産階級が増え、生活改善運動の影響もあって次第に広まっていき、関東大震災後は建築の近代化及び洋風化が進み、カーテンも増えてはきましたが、まだ一部の上流階級のものでした。

そして昭和30年代に入り、一般住宅に本格的にカーテンが普及し始め、それは日本住宅公団によるアパート建設が始まってからの事であり、住宅産業が盛んになり、カーテンが生産されるようになりました。

その後昭和40年代に入ると、遮光、遮熱、防音などの諸機能を持つカーテンが登場し、昭和48年の第一次オイルショックを境に、省エネに対する関心が一般の人々にも広まり、カーテンは家庭の必需品としてきました。

本格的なインテリア時代を迎えた今日では、カーテンは優れた品質・機能はもちろんのこと、ファッション性の高い
インテリアファブリックスとして受け入れられており、個性化・多様化の時代の中で、その表現手段の重要な要素になってきています。


リンクについて

「うちの家にカーテン.」はリンク・アンリンクフリーです。相互リンク様も募集中です。
バナーは↓をご利用下さい。

うちの家にカーテン
【url→http://www.ka-ten.net./】

最終更新日:2014/9/11

(c)うちの家にカーテンAllrightReserved.