うちの家にカーテン
カーテン歴史
カーテン素材
色を選ぶ
機能をみる
オーダーカーテン
注文〜完成
カーテン
サイズとスタイル
カーテンお手入れ
カーテン用語集
サイトマップ
HOME

注意事項

1・当サイトに掲載されているカーテン・オーダーカーテン等の情報は個人で収集したものであり、その内容についての保証は一切行っておりません

2・当サイトから他のウェブサイトへリンクを行っておりますが、リンク先のホームページは当方が運営管理するものではないため、リンク先サイトの情報の真偽や信頼性については当方では一切の責任を負いません。

3・当サイトのコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)につき無断で使用・複製することを禁じます。

4・また、予告なしに内容を変更又は廃止する場合がありますので、あらかじめご承知おきください。

カーテンの色

人間が識別できる色数は一説によると、数百万種とも言われております。色は組み合わせ方によっては、見る人に心地よい印象をだったり、不快感を与えたりします。インテリアや、カーテンに用いる色の場合、単に色同士の調和ではなく、そこにいて心地よく感じられることが大切になります。

暖色と寒色

色には、暖かさや寒さなど温度を感じさせる心理的効果があり、もちろん色自身に温度はありませんが、暖かさを感じさせる色を「暖色」と言い、反対に寒さを感じさせる色を「寒色」と言います。
暖色と寒色では体感温度が3度も違うと言われております。
その他、暖かくも寒くも感じさせない色を「中性色」と言っています。

夏と冬でカーテンの色を変えてみるのもよさそうですね。

暖色系

・飛び出て見える(圧迫感がある)
・膨張して見える
・時間の経過が遅く感じる

寒色系

・後ろに下がって見える
・伸縮して見える
・時間の経過が早く感じる

色の効果的な使い方

窓をアクセントにする場合

窓にポイントを持ってくるためには、窓に派手な色を使い、窓以外の内装材や家具などは、おとなしい色にしておくことがポイントです。窓だけが浮くようなら、花や小物に、窓と同じ色をつけると馴染みやすくなります。

窓を空間全体に溶け込ませる

窓を目立たせず、空間全体に溶け込ませる場合は、壁の色と近い、淡い色を選びましょう。この際、アイボリーやベージュにしておくと、飽きにくく、また、淡い色は、部屋を広く見せてくれる効果も有り。沈静的なムードが楽しめます。

空間全体を同系色でまとめる

品のいい部屋をつくるには、空間全体を同系色でまとめるとよいでしょう。 その際、窓は淡く、ソファはやや暗めに、小物などは派手にというように、空間全体で濃淡の効果がでるようにしましょう。

空間全体をカラフルな印象にする

楽しい感じの部屋を作るためには、空間全体をカラフルな印象になるようにまとめましょう。
ただし、色は3系統以内にし、窓の色とクッションの色をそろえるなど、色の氾濫に要注意しましょう。


色の性質

ピンク
幸福感のあるやさしいピンクは心身を和らげる効果があり、 女性ホルモンの働きが活発になるため若々しくなります。
クリーム
軽快な感じがするクリームは若者に人気があり、 食欲がわく暖色系なのでキッチンやダイニングにおすすめです。
アイボリー・
イエロー系
明るいアイボリーやイエロー系は、壁とよくなじみ部屋を広く感じさせることが出来、 自然光に最も近い色といわれ希望、願望の表現色です。
ベージュ
ベージュはナチュラルカラーの代表でありインテリアのベーシックカラーで、 心穏やかにくつろぎをイメージさせるので全ての空間で幅広く使えます。
グリーン
グリーンは疲れた身体を癒してくれるリラックス効果があり、 読書やパソコンで疲れた目も休まるかも。ストレス解消にもおすすめです。
ブルー
ブルーは爽やかなクールな印象を与え、水色のように薄い綺麗な色は清潔感があり、 集中力を高めたり沈静的なムードが楽しめます。又、時間の経過を早く感じさせます。
オレンジ
太陽を思わせるオレンジは陽気さや活発さが表現できますし、 食欲も高まり元気を与えてくれます。又、時間の経過を遅く感じさせます。

最終更新日:2017/3/30

リンクについて

「うちの家にカーテン.」はリンク・アンリンクフリーです。相互リンク様も募集中です。
バナーは↓をご利用下さい。

うちの家にカーテン
【url→http://www.ka-ten.net./】

最終更新日:2014/9/11

(c)うちの家にカーテンAllrightReserved.